東京23FCを応援してくださる全ての皆様へ

本日のゲームをもちまして、今シーズンの全日程が終了致しました。

シーズン当初には想定していなかったクラブ史上初のリーグ入れ替え戦を経験し、改めてサッカーというスポーツの持つ怖さを実感しました。

リーグ戦、カップ戦、すべての試合において、今シーズンは一つも望む結果は得られませんでしたが、選手、監督、クラブスタッフは全力を尽くしてくれました。

結果を出せなかったのは、クラブ全体の総合力が足りなかったということだと思います。

今シーズンはクラブとして10シーズン目の節目の大切な年でした。

トップチームはJFL昇格、セカンドチームは東京都リーグ一部昇格という大きな目標を掲げ、10年目をスタートさせました。

結果セカンドチームが東京都リーグ二部を激闘の末に制し、一部昇格を果たしました。

来シーズンは、トップ、セカンド共に新たな体制でそれぞれ高みを目指します。

トップとセカンドのカテゴリーが近くなったことにより、相乗効果も期待しながら、2020シーズンを戦って参ります。

東京23FCを応援して下さる、
オフィシャルパートナーの皆様、
サポーターの皆様、
江戸川区行政関係者様、
すべての皆様にこの場を借りて改めて御礼申し上げます。

2020シーズンも「共創」の理念のもと、共に東京23FC創りにご参画頂ければ幸いに存じます。

                           2019年12月8日
                   東京23FC
代表
西村剛敏